バストアップ 基礎知識

バストアップの基礎知識!

理想的なバストになりたい…

胸が小さいコンプレックスを解消したい…

 

このように胸で悩んでいる女性はたくさんいると思います。

 

バストアップを成功させるためには、正しい基礎知識を学ぶ事が大切です。
正しいバストケアができなければ、お金をかけてもまったく効果がでなかったという結果になります。
まずは、基礎知識を学びましょう!

 

バストは、皮膚、乳腺、クーパー靭帯、大胸筋、乳房内脂肪組織、乳管群、乳頭の7つから組織構成されています。

 

中でもバストアップに関連しているのは、下記の4種類といわれています。

  • 乳腺
  • クーパー靭帯
  • 大胸筋
  • 乳房内脂肪組織

 

バストは90%が脂肪でできており、残り10%が乳腺だと言われています。

 

よって、バストアップを成功させるために必要な事は、

乳腺を活発にすること

バストの脂肪の量を増やすこと

 

以上の2点が重要になります。

 

乳腺を活発にするには、「エストロゲン」、「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが必要になります。

 

エストロゲンは卵胞ホルモンで、乳腺を活発化、脂肪量の増加、肌のツヤアップ、美髪効果、老化防止や骨を強くする、女性らしい身体を作る欠かせない女性ホルモンです。
プロゲステロンは黄体ホルモンで、乳腺を活発化、基礎体温を上げる効果、妊娠を助ける効果などです。

 

多くの人がエストロゲンとプロゲステロンの分泌量を増やすことがバストアップに繋がると思っている人が多いのですが、それは間違い!
女性ホルモンがバランスよく分泌されなければバストアップ効果を得ることができません。

 

女性ホルモンをバランスを崩してしまうと、生理不順、更年期障害、乳がんなどを引き起こすリスクがあります。
成長期を過ぎてもバストが小さい人の多くは、エストロゲンの分泌が少ないといわれています。
よって、エストロゲンの分泌と同じ働きをするプエラリアを摂取することで、必要な栄養素を補い女性ホルモンのバランスを整える事ができます。

 

女性ホルモンのバランスを整えることは、バストアップには必須ということを覚えておいて下さい。

 

 

セルノートの口コミやバストアップ効果とはトップページ